国内外の人気が集結 日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙 その他

¥1,540,000

(税込) 送料込み

最終更新 2024-06-13 UTC

商品の説明

 
				            日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙                                    日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 団扇絵 うちわ絵 日本橋伊場仙■商品詳細

【書名】 日本橋乃夕景 江戸八景
【巻冊】 一枚
【著者】 喜多川歌麿(初代か)
【成立】 安永~天明頃刋

★ 歌麿の落款左の板元は天正年間創業の団扇の老舗日本橋伊場仙です。
★ 江戸の後期には浮世絵の板元として活躍しました。
★ 歌麿の団扇絵は海外に美人浮世絵が数枚存在しますが風景画は新発見と思われます。
★ 浮世絵の専門家からは初代歌麿の風景画の特徴がよく出ていると評されています。
★ 大きさ 22.5×25.5㎝

★ 日本經濟新聞 
このうちわ絵は、「名雲書店」(高崎市)の名雲純一さんが今夏、古書市場で見つけた。大きさは縦22.5センチ、横25.5センチ。一部判読できないが、左上に「日本橋乃夕照 江戸八景」と記されている。下部左側に日本橋が描かれ、赤色のかすみが中央にたなびき、右上に江戸城、上部中央に富士山が配される。「八景」とあるが類例が確認されたことはないという。 歌麿に詳しい大和文華館(奈良市)の館長、浅野秀剛さんによると、歌麿には滋賀・近江の名所を描いた「浮絵近江八景」がある。浅野さんは「浮絵近江八景に見られる空間の使い方や人物の描写の特徴と、今回のうちわ絵の表現は矛盾しない。9割方、歌麿作とみていい」と話す。 画面左下の「哥麿画」という署名の形からも歌麿の可能性が高いという。浮絵近江八景が寛政期(1789~1801年)の前期から中期に発表されていることから、今回のうちわ絵が歌麿作であれば同時代のものとみられる。 だが、歌麿作とすることに疑問を挟む声もある。歌麿には、その死後に「歌麿」と名乗った2代目がおり、画風がよく似ている。ある浮世絵研究者は、かすみの赤色が濃いことなどから、文化期(1804~18年)の2代目のものではないかと推測。画面左下に版元印もあるが、初代の活動期と版元の活躍時期がずれることも指摘する。 浅野さんは「これまでうちわ絵の風景画は紹介されたことがない。資料として面白い」と評価している。〔共同通信〕 

歌麿作?うちわ絵発見 江戸の風景、高崎の古書店

2014年11月8日 11:48mail_share発見された、喜多川歌麿が制作した可能性が高い「うちわ絵」 江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿が制作した可能性が高い「うちわ絵」を群馬県高崎市の古書店が見つけ、8日までに浮世絵専門家らが確認した。14日から東京都千代田区の東京古書会館で開かれる入札会に出品される。
 うちわ絵とは、うちわに貼るために刷られた版画のこと。消耗品のため、残存数は少ない。歌麿のうちわ絵は、歌舞伎役者などを描いたものが知られているが、今回見つかったのは風景画で、珍しいという。
 このうちわ絵は、「名雲書店」(高崎市)の名雲純一さんが今夏、古書市場で見つけた。大きさは縦22・5センチ、横25・5センチ。「日本橋乃夕照 江戸八景」と記されている。
(共同通信)

歌麿のうちわ絵か 群馬の古書店が発見、珍しい風景画 

2014/11/8付 保存 共有 印刷その他江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿が制作した可能性が高い「うちわ絵」を群馬県高崎市の古書店が見つけ、8日までに浮世絵専門家らが確認した。14日から東京都千代田区の東京古書会館で開かれる「古典籍展観大入札会」に出品される。うちわ絵とは、うちわに貼るために刷られた版画のこと。消耗品のため、残存数は少ない。歌麿のうちわ絵は歌舞伎役者などを描いたものが知られているが、今回見つかったのは風景画で珍しいという。このうちわ絵は、「名雲書店」(高崎市)の名雲純一さんが今夏、古書市場で見つけた。大きさは縦22.5センチ、横25.5センチ。一部判読できないが、左上に「日本橋乃夕照 江戸八景」と記されている。下部左側に日本橋が描かれ、赤色のかすみが中央にたなびき、右上に江戸城、上部中央に富士山が配される。「八景」とあるが類例が確認されたことはないという。歌麿に詳しい大和文華館(奈良市)の館長、浅野秀剛さんによると、歌麿には滋賀・近江の名所を描いた「浮絵近江八景」がある。浅野さんは「浮絵近江八景に見られる空間の使い方や人物の描写の特徴と、今回のうちわ絵の表現は矛盾しない。9割方、歌麿作とみていい」と話す。画面左下の「哥麿画」という署名の形からも歌麿の可能性が高いという。浮絵近江八景が寛政期(1789~1801年)の前期から中期に発表されていることから、今回のうちわ絵が歌麿作であれば同時代のものとみられる。だが、歌麿作とすることに疑問を挟む声もある。歌麿には、その死後に「歌麿」と名乗った2代目がおり、画風がよく似ている。ある浮世絵研究者は、かすみの赤色が濃いことなどから、文化期(1804~18年)の2代目のものではないかと推測。画面左下に版元印もあるが、初代の活動期と版元の活躍時期がずれることも指摘する。浅野さんは「これまでうちわ絵の風景画は紹介されたことがない。資料として面白い」と評価している。〔共同〕

★ コメント
※ 安心確かな優品・珍品の掘り出しをモットーにしております。
※ 迅速で丁寧な発送を心がけております。
※ ご不明な点はご質問くださいませ。

日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 日本橋伊場仙 うちわ絵 団扇絵 - 版画

日本橋乃夕景 江戸八景 喜多川歌麿 日本橋伊場仙 うちわ絵 団扇絵 - 版画


Untitled

Untitled


Untitled

Untitled


Untitled

Untitled

商品の情報

カテゴリー
歌川豊国「今源氏錦絵合 朝顔」★中判 浮世絵 真作 錦絵 木版画 摺物 Toyokuni Ukiyoe★

歌川豊国「今源氏錦絵合 朝顔」★中判 浮世絵 真作 錦絵 木版画 摺物 Toyokuni Ukiyoe★

江戸 浮世絵 貞秀 赤穂浪士 忠臣蔵「誠忠義士勢揃之図 3枚組」忠臣蔵 赤穂浪士 大判 錦絵 彩色 木版画 ukiyoe 錦絵

江戸 浮世絵 貞秀 赤穂浪士 忠臣蔵「誠忠義士勢揃之図 3枚組」忠臣蔵 赤穂浪士 大判 錦絵 彩色 木版画 ukiyoe 錦絵

【渓斎英泉 豊歳黄金蔵入】浮世絵 福神絵 恵比寿 大黒天 七福神 AH11B

【渓斎英泉 豊歳黄金蔵入】浮世絵 福神絵 恵比寿 大黒天 七福神 AH11B

hana_desu15 真作 春画本「春情婦慈の雪」英泉 文政7年(1824)本物 浮世絵 木版画 春画 錦絵 艶本 eisen shunga ukiyoe

hana_desu15 真作 春画本「春情婦慈の雪」英泉 文政7年(1824)本物 浮世絵 木版画 春画 錦絵 艶本 eisen shunga ukiyoe

▲▽■龍香堂■ 復刻木版画 葛飾北斎『不二図』即決△▼

▲▽■龍香堂■ 復刻木版画 葛飾北斎『不二図』即決△▼

この商品を見ている人におすすめ