2022新商品 江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊 木版画

¥15,000

(税込) 送料込み

最終更新 2024-06-22 UTC

商品の説明

 
				            江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊                                    江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊                                    江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊                                    江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊                                    江戸時代の浮世絵師  広重  飾り易いサイズの木版画  東海道五拾三次 「水口・名物干瓢」  ※額付き  正光画廊


正光画廊へようこそ!



おかげさまで創業50年になりました。
これからも安心と信頼を大切にしていきたいと思っております。



powered by auction-labo.com

画家名 安藤広重
画題 東海道五拾三次「水口・名物干瓢」
サイズ 絵寸:19.5㎝×30㎝
技法 木版画
状態 全体的に良好です。
画家 略歴 広重は、江戸の八代洲河岸(やよすがし)定火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生。
源右衛門は元々田中家の人間で、安藤家の養子に入って妻を迎えた。長女と次女、さらに長男広重、広重の下に三女がいた。
文化6年(1809年)2月、母を亡くし同月父が隠居し、数え13歳で広重が火消同心職を継ぐ。同年12月に父も死去。幼いころからの絵心が勝り、文化8年(1811年)15歳のころ、初代歌川豊国の門に入ろうとした。
しかし、門生満員でことわられ、歌川豊広(1774年-1829年)に入門。
翌年(1812年)に師と自分から一文字ずつとって歌川広重の名を与えられ、文政元年(1818年)に一遊斎の号を使用してデビュー。
文政4年(1821年)に、同じ火消同心の岡部弥左衛門の娘と結婚した。
文政6年(1823年)には、養祖父(安藤家)方の嫡子仲次郎に家督を譲り、自身は鉄蔵と改名しその後見となったが、まだ仲次郎が8歳だったので引き続き火消同心職の代番を勤めた。
始めは役者絵から出発し、やがて美人画に手をそめたが、文政11年(1828年)師の豊廣没後は風景画を主に制作した。
天保元年(1830年)一遊斎から一幽斎廣重と改め、花鳥図を描くようになる。
天保3年 (1832年)、仲次郎が17歳で元服したので正式に同心職を譲り、絵師に専心することとなった。一立齋(いちりゅうさい)と号を改めた。また立斎とも号した。
入門から20年、師は豊廣だけであったが、このころ大岡雲峰に就いて南画を修めている。
この年、公用で東海道を上り、絵を描いたとされるが、現在では疑問視されている。翌年から「東海道五十三次」を発表。
風景画家としての名声は決定的なものとなった。以降、種々の「東海道」シリーズを発表したが、各種の「江戸名所」シリーズも多く手掛けており、ともに秀作をみた。
また、短冊版の花鳥画においてもすぐれた作品を出し続け、そのほか歴史画・張交絵・戯画・玩具絵や春画、晩年には美人画3枚続も手掛けている。さらに、肉筆画(肉筆浮世絵)・摺物・団扇絵・双六・絵封筒ほか絵本・合巻や狂歌本などの挿絵も残している。
そうした諸々も合わせると総数で2万点にも及ぶと言われている。
安政5年没。享年62。死因はコレラだったと伝えられる。墓所は足立区伊興町の東岳寺。法名は顕功院徳翁立斎居士。友人歌川豊国(三代目)の筆になる「死絵」(=追悼ポートレートのようなもの。本項の画像参照)に辞世の歌が遺る。
東路へ筆をのこして旅のそら 西のみ国の名ところを見ん




額縁状態
S 新品・未使用 作品に合わせた額に入ります
A 未使用に近い
B 目立った傷や汚れなし
C やや傷や汚れあり



お取引について
送料 全国一律1,500円でございます。
発送方法 ゆうパック・佐川急便にて対応させていただきます。
作品発送 新しい額をご用意させていただくため、入金確認後、1週間程いただく場合もございます
落札後の流れ たいへんお手数ではございますが、ご落札後一週間以内に一度、メールにてご連絡をいただきたいと思います。
以下の流れでご対応ください。
【1】情報入力画面にてお客様情報を入力してください。
【2】お客様情報入力後に自動配信されるメールで合計金額を確認し、
『7日以内』にご指定の支払い方法でご入金手続きをお願いします。
→Yahoo!かんたん決済では送料が自動反映されない場合がございますので、入力漏れにご注意ください。
返品方法 落札後の返品は原則承っておりません。
ご了承いただける方のみ、ご入札をお願いいたします。
なお、不良品の場合は大変お手数ですが、弊社までご連絡ください。
交換・返品対応させていただきます。
問い合わせ先 何かご不明点ございましたら、下記までご連絡をお願いいたします。

株式会社 正光画廊
【TEL】0120-37-3215
【アドレス】honten@seikougarou.co.jp
【住所】142-0041 東京都品川区戸越6-1-12
【営業時間】平日10:00~19:00



備考

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次


江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次


江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次


江戸時代の浮世絵師 安藤広重 版画 東海道五拾三次 十九 「江尻」 ※額

江戸時代の浮世絵師 安藤広重 版画 東海道五拾三次 十九 「江尻」 ※額


江戸時代の浮世絵師 安藤広重 版画 東海道五拾三次 五 「保土ヶ谷

江戸時代の浮世絵師 安藤広重 版画 東海道五拾三次 五 「保土ヶ谷


江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次


江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

江戸時代の浮世絵師 広重 飾り易いサイズの木版画 東海道五拾三次

商品の情報

カテゴリー
真作保証 河原崎奨堂 木版画  #37 菊 Chrysanthemum  花版画  初版昭和中期~ 京都らしい花版画の美をご自宅でお楽しみください。

真作保証 河原崎奨堂 木版画  #37 菊 Chrysanthemum  花版画  初版昭和中期~ 京都らしい花版画の美をご自宅でお楽しみください。

【真作保証】伊藤若冲 復刻木版画 明治23年 琉球産 佛乗花 浮世絵 京都信行寺天井絵 woodblock print ito jyakuchu

【真作保証】伊藤若冲 復刻木版画 明治23年 琉球産 佛乗花 浮世絵 京都信行寺天井絵 woodblock print ito jyakuchu

真作保証品『渡辺禎雄 型染版画 ノアの方舟』1993年 印入 額装

真作保証品『渡辺禎雄 型染版画 ノアの方舟』1993年 印入 額装

加藤晃秀 (Kato Teruhide) 木版画  No.006 長刀鉾  初版1989~ ポストモダンの香り漂う

加藤晃秀 (Kato Teruhide) 木版画  No.006 長刀鉾  初版1989~ ポストモダンの香り漂う

岡田行一 木版画  p5 箱根街道の富士 新版画 初版昭和中期頃  京都の一流の摺師による美しい木版画をご堪能下さい!!

岡田行一 木版画  p5 箱根街道の富士 新版画 初版昭和中期頃  京都の一流の摺師による美しい木版画をご堪能下さい!!

この商品を見ている人におすすめ